金融系のブラックリストは存在するのか

よくローンを組んで延滞を繰り返すと、ブラックリストに載るといわれることがあります。 しかし厳密にいうと、金融系のブラックリストなど存在しません。 よく存在を指摘される金融系のブラックリストとは、個人信用情報機関のことを指します。 ローンを組んで延滞を繰り返すなど金融事故を起こしてしまうと、この金融系の個人信用情報機関に事故情報が登録をされるので、ブラックリストに載るといわれているのです。 個人信用情報機関に登録される情報は、ローンの延滞を繰り返した情報だけではありません。 自己破産や任意整理をしたといった情報も登録されますし、弁護士に金利を下げてもらったことも事故情報です。 金融系に関するさまざまな情報が、一元的に管理をされています。 こうした個人的な情報を他人に見られてしまうのは、不安を感じる人もいるかもしれません。 しかし個人信用情報機関に登録されている情報は。簡単に見ることはできません。 登録情報を見ることができるのは、個人信用情報機関に加盟している業者で、本人の許可がないと見ることはできません。 ですから、家族や友人が調べて勝手に見ることは、できないような仕組みになっています。 また個人信用情報機関に登録されている情報は、自分で確認をすることはできます。 申込書と本人確認のための身分証明書を提示して料金を支払えば、自分の情報を請求することが可能です。 もし過去にローンを組んで金融事故を起こしているなら、請求をして確認してみると良いでしょう。 すでに金融事故から数年が経ち情報が削除されていれば、影響を受けることなくローンなどを組むことができます。 個人信用情報機関の情報は、銀行や消費者金融などさまざまな金融機関の間で共有されています。 そのため、一度金融事故を起こしてしまうと、隠し通すことはできません。 ローンの申し込みして審査を受けると個人信用情報機関に情報を照会しますから、金融事故を起こすと影響を受けることになります。

Copyright(C) ローンによるブラックリストへ All Rights Reserved.