銀行系のローンでも返済が滞ると

銀行系のローンは、メガバンクや地方銀行が運営しているので、消費者金融系よりも比較的安心といわれています。 しかし、銀行系のローンといっても、ローンであることには変わりありません。 返済が滞るようなことがあると、消費者金融系と同じ結末が待っています。 ローンの返済が滞るようになると、業者から自宅に電話や手紙などで催促の連絡がきます。 いきなり自宅や勤務先に押しかけて催促をすることはないので、この点では安心できるでしょう。 しかし催促を無視していると、勤務先にも催促の連絡が来るようになります。 会社名などを出すことはありませんから、同僚にお金で困っていると思われることはありません。 しかし、こうして勤務先まで催促の連絡が来ると、精神的なプレッシャーにはなるでしょう。 業者からの再三の催促を無視していると、金融事故となり個人信用情報機関に登録をされます。 いわゆる、ブラックリストに登録をされてしまうのです。 安心感があるとされている銀行系のローンでも、期日から3ヶ月遅れるとブラックリストに登録されてしまうことには全く同じです。 一度登録されてしまうと、今後は新しくローンを組んだりクレジットカードを作ったりすることができません。 数年間はブラックリストに登録されたままですから、影響は非常に大きいといえるでしょう。 またブラックリストに登録をされても、業者への返済は続ける必要があります。 これまでは分割だったのが一括で支払いを求められることもありますから、かなり厳しいといえるでしょう。 こうした事態を避けるためには、期日を守ることが大前提です。 計画的に利用して借りすぎないようにしていれば、そもそも期日は守ることができるでしょう。 たとえ予想外の事態で期日に遅れそうになったときでも、業者に連絡をしておけば違う対応をしてくれることもあります。 銀行系のローンは安心感はありますが、返済は滞らないように厳守しないといけません。

Copyright(C) ローンによるブラックリストへ All Rights Reserved.