ローンによるブラックリストへ

金融機関の住宅ローンや教育ローン、消費者金融のカードローンなどでお金を借りた場合や、クレジットカードを使って代金を支払った場合に注意しなければならないのは「ブラックリストに載ること」です。このブラックリストは一般的には注意や警戒を要する人物や団体を一覧表にしてまとめたもののことを指しますが、金融の世界では信用情報機関で管理されている個人信用情報に、事故情報が記載された状態のことを俗に「ブラックリストに載る」と呼んでいます。

個人信用機関に記録される事故情報は、主に延滞、債務整理、代位弁済、強制解約の4つに分けられます。
延滞とは、ローンの返済期限を過ぎても返済が行われないことで、一定期間が経過した場合に事故情報として登録されます。
事故情報として記載されるケースの中で最も多いケースが、この延滞です。
債務整理は、任意整理や特定調停、民事再生、自己破産など、法律に基づいた方法によってローンの返済方法を変更したり、一部の支払いを免除してもらうことを指します。ローンの返済中に過払い金返還請求を行った場合も、債務整理の一環とみなされて事故情報として登録されることがあります。
代位弁済は、ローンの契約者が何らかの理由で返済できなくなったときに保証会社や連帯保証人などの第三者から契約者に代わって弁済を受けることを指し、強制解約は契約者に著しい契約違反行為があった場合に金融会社が強制的に契約を解除することを指します。

いったん信用情報機関に事故情報が記録されると、それ以降は新たにローンを組むことや、クレジットカードに入会できる可能性が著しく低くなり、金融取引が極めて厳しく制限されます。しかし、事故情報が記録されたからといって、以後永久に借金ができなくなるわけではありません。事故情報は、事故が解消、つまり借りたお金が返されてから一定期間が経過した場合に削除されます。

期間は、信用情報機関によって異なり、同じ信用情報機関内でも事故情報の種類によって異なります。例えば、通常の延滞の場合は、5年程度で事故情報が削除されますが、自己破産の場合は信用情報機関によって5~10年と差があります。

ローンの利用でブラックリストに載らないようにするには、返済期限を守って、所定の金額をしっかりと返済していくことが唯一にして最良の方法です。そして、返済期限を守って返済していけるようにするためには、自分の生活状況に沿った形でローンの計画を立てることが重要です。

人に伝えたいサイト

Nagoya 38 hotels for repeaters
Choose the best accommodation deal for your trip

Copyright(C) ローンによるブラックリストへ All Rights Reserved.